汗をかきやすい人はやっぱり太っている人?

汗をかきやすい人はやっぱり太っている人?やっぱり汗をかきやすいのは太っている人が多いのでしょうか。

 

正解はYESですよね。

 

肥満によって皮下脂肪が厚くなっていると、分厚い脂肪の層によって、体の熱が放出されにくくなります。そのため、つねに体温が上昇しやすくなっているのです。

 

最近テレビのグルメ番組などで大柄なタレントさんが出ているのをよく見かけますが、真冬でも半袖一枚で平気な顔をしています。ただ、これが健康的かというと疑問がありますよね?
確かに太っている人はただでさえ暑いのでしょうけど。

 

さて、ほかに汗をかきやすい人の特徴って何があると思いますか?

 

それは、冷え があるんですね。血行が悪く、体が冷えている人は、自動的に体の防御本能がはたらきます。人間は体が冷えると、温めるために熱を発生させる仕組みになっています。

 

そうなると、体全体は冷えているのに、脇や背中には大量の汗をかく、という奇妙な現象が起こります。これは、女性に多い症状です。他にもホルモンバランスが関係してきたりもするんです。

 

女性の場合、更年期に入ると女性ホルモンの分泌が急激に低下します。そのため、自律神経の失調が起こり、汗を出すエクリン腺が刺激を受け、暑くもないのに大量の発汗を引き起こすのです。

 

これは、「ホットフラッシュ」という名称で更年期の症状の1つに数えられています。やはりホルモンバランスは体調そのものを意味するといっても過言ではないくらい重要です。