気になる制汗剤の種類と効果

制汗剤の種類としてスプレータイプ、ロールオンタイプ、クリームやジェルタイプ、スティックタイプ、シートタイプなどの紹介と効果について解説しています。
MENU

気になる制汗剤の種類と効果

属に言われる脇シュー。これって色々な種類がありますよね。とりあえずドラッグストアーで売られていたらお値段もそうですが、まず見本品を試してみて購入しませんか?

 

好みのニオイで買ってみたりしますよね。ニオイでごまかすだけというのでは脇汗スプレーの意味がありませんからね。制汗剤の種類は、成分によって使い方が変わってきますが、基本的には、汗をかく前に塗り、汗が出るのを予防します。

 

スプレータイプ
ミョウバンなど、速乾性がある成分が使われています。ただし、吹き付けるだけでは十分に肌につかず、効き目が弱いと感じる人もいます。

 

ある意味最もメジャーなタイプで、汗に悩む人以外にも消臭目的に使う方も多いです。噴出口に直接触れることもなく衛生的です。

 

片手で簡単に使え、速乾性に優れ、全身に使用できるものも多いですが、皮膚への付着率が非常に低く、制汗・消臭効果は低いです。

 

汗や臭いの悩みを解消できるほどの効果は期待できないため、汗や臭いが「ちょっと気になる」人向けと言えます。

 

スポーツの後の汗の臭いを防ぐ「芳香剤」的に使う方も多く、制汗・消臭というよりもスプレーの臭いでごまかすために使用する人が多いです。

 

使ったときにスプレーの香りが周りに広がり、使用の際は「プシュー」という音が漏れます。あまりコッソリは使えないタイプです。

 

ロールオンタイプ
最近、増えているタイプです。しっかり塗れるので、効き目が持続します。このタイプは、強力な成分であることが多いのですが、べたつきや乾きにくさを感じる人もいます。

 

クリームやジェルタイプ
のびがよく、どんな場所の肌にも塗り込むことができます。成分が汗に反応し、臭いも抑えます。塗る時に手につくので、洗う手間が必要です。

 

スティックタイプ
これは直接塗るのでしっかり効きます。中には、乾きにくく、白くなるものもあるので注意しましょう。せっかく塗ったのに白く残ってしまって誰かに見られたりなんかしたらとっても残念です。

 

シートタイプ
不快な汗を拭き取り、ひんやりした清涼感が残ります。

このページの先頭へ